· 

防音工事とグランドピアノについて

防音工事とグランドピアノ設置についてお知らせします。

 

現在お教室ではヤマハのアップライトを使用しておりますが、12月17日から5日間防音工事を行いグランドピアノを搬入する事になりました。

 

SCHWESTERというメーカーのピアノで、かれこれ20年近いお付き合いになるグランドピアノです。

 

ヤマハ、カワイと違い中々聞きなれないピアノメーカーかと思います。

 

シュベスターとは、ドイツ語で「姉妹」の意味です。

 

なぜ姉妹なのか?

 

私の勝手な推測ですが、おそらく世界三代ピアノの一つである

ベーゼンドルファーをモデルに作られたからでしょう。

 

完全手作りで、生産台数を限定しているピアノメーカーです。

 

よくある人工的な音と違い、温かみがあり、優しく、弾き手の思いに応えてくれる、そんなピアノです。

逆を言うと、綺麗な音色でうまく弾かないと、下手なのが露呈されるピアノでもあります(^_^;)

 

私がこの楽器と初めて出会ったのは小学校2年生の頃。

新しい先生のお宅に置いてあったピアノがシュベスターピアノでした。

 

そのピアノを弾いて、

 

「なんて綺麗な音なんだろう!!」

 

と、子供ながらに驚いた事を今でもよく覚えています。

 

小学校4年生になり、アップライトからグランドピアノへきりかえようという話が出てきました。

 

さて、どこのメーカーのピアノにしようかと話す間もなく、

 

「先生のと同じピアノがいい!」

 

と言ったそうです(^_^;)

 

今思うと、なんて図々しい子供だったことか・・・笑

そう言われてしまった両親はそうするしかなかった事と思います。

 

こうして我が家にシュベスターピアノがきて、長いお付き合いのスタートとなりました。

 

当時から調律師さんもシュベスター専属の同じ方にずっとお願いしています。

熟練された方で、安心してピアノ調律をお任せしています。

 

結婚してからは、実家で眠っている事が増えたマイシュベスター。

 

この度、レッスンで生徒さんに弾いてもらえる機会に恵まれ、私もシュベスターも(?)

たいへん嬉しく思っています。

 

工事の期間中にレッスンのある生徒さん、体験レッスンにいらっしゃる生徒さんにはご迷惑をおかけします。

防音室ができてからの体験レッスンをご希望の方は、12月22日以降でよろしくお願い致します。