練習

皆さんは練習する時にどんな練習をしていますか?

 

どう練習してよいものか、私はとても悩んだ時期があります。

ただがむしゃらに、たくさん弾けば良いと思っていた時期もありました。

でもそれではいけなかった・・・

確かに練習することはとても大事です。

ですが、練習方法を間違えてしまうと時間の無駄になることもあります。

 

小さなお子さま、小学生の生徒さんの場合、

大事なことは集中して効率よく練習すること。

 

ただ漠然と右手→左手→両手の練習をしてもできるようにはなりません。

時間の無駄になるようなことは避けて下さい。

自分は何が苦手なのかを分析することがとても大事です。

そしてやる時は集中すること。

 

お子さまが自分を分析することは難しいので、

「この曲は、ここをこういう風に練習しようね」

と具体的に声をかけていきます。

手の形を直す、どの指先が弱いかなども一緒に考えます。

 

一つの方法として効果的なのは、左手片手練習+右手を歌うこと。

そうすることで、両手で上手に弾ける近道につながります。

右手の片手練習よりも、左手を極めることが大事だと思っています。

 

小さなお子さまも、できる限り毎日ピアノに触れてほしいと思います。

忙しい時は遊びでも構いません。

常にピアノの蓋を開けておくことをおすすめします♪

 

うまく弾けないと、練習が辛いこともあります。

ですが、出来ないことを乗り越えた時の喜びは大きな力になります。

 

努力することの大切さ、何事も頑張ろうとする気持ちを練習によって得られるのではないでしょうか。

 

ピアノの習い事は、何事にもくじけない強い心を育てることにも繋がるなと感じています。